脂肪の話 〜健康の鍵・油のとり方〜

すっかり食卓に定着した感の「オリーブオイル」。
さらには、フラックスオイル、グレープシードオイル等々いろんな種類の油が出回っています。
そうそう、「脂肪がつきにく〜い!♪」なんてCMしている油もありますね。
何気なく普段使っている「油」を見直してみましょう。


皆さんは、どんな油をどのようにお使いでしょうか?
<油=脂肪酸の分類>

脂肪酸は、大きく3種類に分けることができます。
● 動物性 ● 植物性 ● 魚の油分 と分けられます。
さらに 植物性油脂は、3つに分けられます。
それぞれバランスが取れていると良いのですが・・。


<現代の日本人にとっての問題>

リノール酸(オメガ6系)の摂りすぎで、バランスが崩れています。

1.現在の食生活では、オメガ6系が過剰摂取されています。
  • 現在よく使われている油は、ほとんどが「オメガ6」を含む油ですね。家庭はもちろん、外食時もきっと・・・。(さらに、溶剤を使い高温精製で化学的に抽出された油は、栄養価も失われています。)
  • リノール酸は、体内でアラキドン酸に変化し、炎症を起こす物質となり、炎症やアレルギーの原因になりますし、大腸がん、乳がん、動脈硬化、心臓病などの危険因子になります。
2.α-リノレン酸(オメガ3)の不足
  • リノール酸の働きと反対の性質を持つ油、オメガ3が充分とれていません。
  • α-リノレン酸は、炎症を抑えたり、血液を流れやすくしたり、ガンの増殖をとめる作用など、リノール酸の危険因子を中和してくれます。
  • また、α-リノレン酸は、学習能力を高める作用もあるという うれしい油です。
★ オメガ6系を減らすとともに、オメガ3系の脂肪を積極的にとるようにお勧めします。

オメガ3系 : アマニ油、シソ油、いわし、あじ、さば、カツオ、マグロ、サケなど青魚
オメガ6系 : コーン油、サフラワー油、月見草オイル、ひまわり油、牛肉、豚肉、鶏肉など
オメガ9系 : オリーブ油、キャノーラ油、高オレイン酸サフラワー油など

<実際の使い方は>

● 加熱料理には、オリーブオイル(無農薬栽培・低温抽出法のエクスとラバージンオイルがBEST)
● 低温料理には、アマニ油(同上)。サラダなどにお使いください。
 ※ オメガ3は、酸化しやすいので、低温・遮光保存し、早く使いきることが大切。光による酸化にも注意!

● 新鮮な青魚を食べる。
脂肪の通信簿

- 動物性脂肪 植物性脂肪 魚の脂肪
- 飽和脂肪酸 単価不飽和
脂肪酸
多価不飽和脂肪酸
- バター
ラード
高オレイン酸油
オメガ9系
高リノール酸油
オメガ6系
高αリノレン酸油
オメガ3系
EPA
DHA
オリーブ油
キャノーラ油
サフラワー油
コーン油
アマニ油
シソ油
酸化しやすさ
酸化しにくい
加熱処理に向く

酸化しにくい
加熱処理に向く

酸化しやすい

酸化しやすい

酸化しやすい
循環器への影響
血中LDL値を
高める

LDLを下げる

LDLを下げる

血液の粘度を
下げる

血液の粘度を
下げる
癌への影響
発ガンプロモーターとなる

特に影響なし

発ガンプロモーターとなる

特に影響なし

特に影響なし
アレルギーへの影響
特に影響なし

特に影響なし

免疫を弱める

免疫機能を
高める

免疫機能を
高める
総合評価
摂りすぎに
注意!

積極的に
摂りましょう!

摂りすぎに
注意!

酸化に注意して積極的に
摂りましょう!

酸化に注意して積極的に
摂りましょう!