有機JAS 有機農産物&特別栽培農産物


有機JASマーク
有機JASマークのついた有機野菜や、有機農産物加工食品が目につくようになってきました。

本来、有機(オーガニック)は、無農薬・無化学肥料での栽培のことですが、これまでは、有機農産物の表示ガイドラインには強制力がなかったために「有機低農薬栽培」とか「有機減農薬栽培」といったあいまいな表現が使われてきました。
そのため、農水省は、日本農林企画(JAS)法を改正して有機農産物、および有機農産物加工食品にJASを導入。これによって2001年4月から、登録認定期間の検査を受けて合格した農家やメーカーだけが、野菜や加工食品に有機JASマークを付けて表示できるようになりました。
   ガイドライン
減農薬栽培農産物
現化学肥料栽培農産物
無農薬栽培農産物
無化学肥料栽培農産物
有機農産物
農薬・
化学肥料の使用回数
(減農薬農産物)
農薬の使用回数が、その地域で慣行的に使用されている回数の5割以下で生産された農作物
ゼロ 2年以上(多年生作物では、最初の収穫前3年以上)、化学肥料、化学合成農薬を使わなかった農薬で生産された農産物
農薬・
化学肥料の使用量
(減化学肥料栽培農産物)
化学肥料の使用量が、その地域で慣行的に使用されている回数の5割以下で生産された農作物
ゼロ
表示 農林水産省のガイドラインに
基づいて表示
農林水産省のガイドラインに
基づいて表示
第三者が認定し、
認定を受けた生産農家が
有機JASマークを表示

T 有機農産物及び有機農産物加工食品の検査認証制度


有機農産物の表示については、平成4年に「有機農産物等に係る青果物等特別表示ガイドライン」(平成13年4月の改正により、以降は「特別栽培農産物に係る表示ガイドライン」)を制定し表示の適正化を図ってきましたが、ガイドラインは強制力をもたないため表示が混乱している状況にありました。

そこで、平成11年のJAS法改正を受けて、平成12年に有機農産物及び有機農産物加工食品の特定JAS規格を定め、規格に適合するかどうか検査を受けた結果、これに合格して有機JASマークが付けられたものでなくては「有機栽培トマト」、「有機納豆」、「オーガニック紅茶」等の表示をしてはならない制度が導入されました。(表示の規制がスタートしたのは平成13年4月1日からです。)
これにより、「有機低農薬栽培」、「有機減農薬栽培」等の紛らわしい表示が規制され、有機JASマークは、有機食品の適切な表示をしているものである目印となります。

また、海外から輸入される有機食品についても国内産のものと同様に有機JASマークが付されていないと輸入業者はこれを販売することができません。
輸入有機食品にJASマークを付する方法は次の2通りがあります。


@ 登録外国認定機関(JAS制度と同等の格付制度をもつ外国において、国内の登録認定機関と同様の要件を満たす機関として農林水産大臣が登録するもの)によって認定を受けた外国の製造業者、生産行程管理者又は小分け業者が有機JASマークを貼付する。

A 有機農産物についてJAS制度と同等の格付制度をもつ外国において、当該国の制度のもとで認証を受けた有機農産物であって、そのことについて当該国の政府機関が発行する証明書が添付されているものについて、登録認定機関による認定を受けた輸入業者が有機JASマークを貼付する。


U 有機農産物等について名称の表示を 行うまで

登録認定機関

農林水産大臣の定める基準を満たしその結果登録を受けた登録認定機関は、生産行程管理者又は製造業者からの申請に基づいて、その生産・管理の方法等について調査を行い、ほ場又は工場ごとに認定します。また認定後も生産行程管理者や製造業者に対し、定期的に実地の調査を実施したり監査を行います。


認定生産行程管理者及び製造業者

生産行程管理者とは、実際にその農産物の生産行程を管理し、又は把握している者をいいます。(有機農産物でいえば、生産農家や生産者組合などが該当)
認定生産行程管理者や認定製造業者は、登録認定機関の認定を受けて、その生産又は製造する有機農産物等について格付を行い、有機JASマークを付けることができます。

認定小分け業者

また、有機農産物の流通においては、有機JASマークが付された大口の包装形態から小売用包装に小分けする場合があります。小分け後も有機農産物として流通させるために、小分け業者はマークを再貼付する必要があります。その場合、小分け業者は、事業所及び農林物資の種類ごとに登録認定機関による認定を受けることにより有機JASマークの再貼付を行い、「有機」の表示をすることができます。

認定輸入業者

登録認定機関による認定を受けた輸入業者は、輸入される有機農産物にJASマークを貼付することができます。その場合は、その有機農産物について、JAS制度と同等の格付制度を有する外国においてその国の制度の下で認証を受けた有機農産物であって、そのことについてその政府機関等が発行する証明書が添付されているものに限ります。

有機農産物等に関する表示について、農林水産消費技術センター等は、有機JASマークが付されていて適切に表示がなされているか日常的にモニタリング・改善指導を行います。違反者に対しては農林水産大臣から改善命令が出されることがあり、それでも従わない時は罰則が課されることになります。