HOME 食品 健康食品 健康グッズ 生活用品 浄水器など ご注文方法

おなかに優しい 「オリゴ糖」

オリゴ糖は、腸内善玉菌の「ビフィズス菌」の餌になり、健康な腸内環境を整えます。
オリゴ糖を食べる事で、ビフィズス菌は、どんどん増えます。


● 腸内細菌と健康について

一般に腸は、植物でいうと栄養をとる”根”の部分にあたるといわれ、根の老化腐敗は植物を枯らしてしまいます。人間の腸には、100種類100兆個芋生の細菌が住んでおり、その中には、年齢とともに少なくなるビフィズス菌などの有効菌もあれば、大腸菌やウェルシュ菌といった有害菌もあります。

健康の基本は、この悪玉菌の働きを抑え、善玉菌の働きを活性化させれば、自然治癒力が向上し、多くの病気に打ち勝つ事ができます。腸内細菌のバランスは、善玉菌を常に優位にすることが大切です。

また、以前の研究では、乳酸菌やビフィズス菌など有効菌を直接投与摂取すればよいと考えられてきました。ところが、有効なはずの細菌を摂取しても思うように改善につながらない事から「人間の腸内細菌も人それぞれ個性を持ち、一時的な生息は、みられてもそれらの細菌が定住菌になるとは考えられない。」と考えられています。それならば、定住している善玉菌を元気にしてあげるのが、最も有効な手段になるわけです。
● オリゴ糖の種類と特徴

オリゴ糖名称 原料 製造方法 難消化性 整腸作用 虫歯には
ビートオリゴ糖
(ラフィノース)
ビートオリゴ
(砂糖大根)
天然抽出
フラクトオリゴ糖 蔗糖
(サトウキビ)
酵素変換
ガラクトオリゴ糖 乳糖(牛乳) 酵素変換
イソマルトオリゴ糖 でんぷん
(とうもろこし)
酵素変換 X
乳化オリゴ糖 乳糖・蔗糖
(牛乳・砂糖きび)
酵素変換 -
大豆オリゴ糖 大豆ホエー 酵素変換 -
パラチノース パラチノース
(砂糖きび)
化学変換 -
ラクチュロース 乳糖(牛乳) 化学変換 - -
ビートオリゴ糖 ラフィノース

■ ビートオリゴ(ラフィノース)は ・・・

北海道産の砂糖大根(てんさい糖)から天然抽出した高純度のオリゴ糖です。
ビフィズス菌を増やします : 1日2g程度で充分に増殖します。
難消化性(低カロリー)です : 胃や腸で分解されません。
100%天然抽出 : 砂糖大根が原料なので安心です。
甘味は、ほとんどありません : 純度98%のオリゴ糖のため、甘味が少なくなっています。
酸や熱に強く安定しています : 熱にも丈夫なためお料理に入れてもお使いいただけます。
 ご飯を炊くときに加えられる事、おすすめします。
*便秘体質の方、オナラが臭う方・・・このビートオリゴできれいな腸にしましょう。


ビートオリゴ等
ご飯を炊くときに、 お味噌汁に、 お料理などにも どうぞ!






ビオネ

ビートオリゴ

5gx30p
\2940

5gx30px6袋(箱入) 
\16590  

北海道産の砂糖大根(ビートオリゴ)から
天然抽出した高純度のオリゴ糖です。

  • ビフィズス菌の増殖
  • 難消化性(低カロリー)
  • 100%天然抽出
    さとう大根から抽出した天然のオリゴ糖です。
  • 高純度(99.5%)
    他には例のない高純度です。
  • 甘味が少ない
    砂糖の約20%です。
  • 耐酸、過熱安定性
(お召し上がり方)
  • 1日1〜3本を目安にお召し上がり下さい。
  • 顆粒タイプは、1日小さじ2〜6杯を目安にお召し上がり下さい。
  • ご飯を炊くとき、味噌汁、その他のお料理に1本(顆粒タイプは、小さじ2杯))を目安にお入れ下さい。
*毎日2g程度をとりつづけると充分ビフィズス菌が増殖します。

また、早急に改善を望まれる場合、
15g/日とられると、摂取前14%だった善玉ビフィズス菌が
7日で58%、14日後には80%にまで増えます。(モニタ実験)

原材料:明治ビートオリゴ(ニッテンラフィノース100%





フラクトオリゴ糖は、ビフィズス菌の栄養です。


外からビフィズス菌を補給するのでなく、
おなかに棲んでいるビフィズス菌を元気に!どんどん増やします!

上品な甘味を持ち、カロリーになりにくい糖分で、砂糖と違い、虫歯の原因にもなりにくい長所があります。


● 高齢者23人を対象に、フラクトオリゴ糖を1日8g摂取した時の腸内細菌の変化

摂取前 摂取8日
ビフィズス菌 5% 25.1%
バクテロイデス菌 63.1% 50.1%
その他 31.9% 24.8%



ビオネ

フラクトオリゴ

700g
\1995 

身体にやさしい甘味料
  • コーヒーや紅茶、牛乳などに!
  • 煮物等お料理に!
  • パンやケーキなどに!
お砂糖代わりにお使い下さい。


原材料:メイオリゴG100%使用 (メイオリゴは明治製菓の原料名です)

※無添加ですので、冬場はハチミツと同様に結晶することがありますが、
品質に問題はありません。また、湯煎していただくと元に戻ります。


 あなたの腸は、健康ですか?  フラクトオリゴ糖 Q&A

Q: フラクトオリゴ糖の原材料は、何ですか?
A: 蔗糖(砂糖きび・砂糖大根)を原材料として作っております。
  ビートオリゴは、砂糖大根100%で作られています。
Q: 身体に害はありません。
A: 大丈夫です。オリゴ糖は、天然にも多く含まれ、砂糖きびの他、玉ねぎやごぼうなどにも含まれる糖分です。ただ、価格的に安いオリゴ糖は、添加物を混ぜた物や純度の低いもの、薬品を使って合成したものなどもあります。
Q: 普通の砂糖とどう違うの? 
A: 黒砂糖は、ブドウ糖と果糖の分子で構成されており、白砂糖と違ってミネラル分が多く含まれていますが、小腸で分解、吸収される糖です。一方、フラクトオリゴ糖は、小腸で分解吸収されず、大腸まで達し、大腸に生息するビフィズス菌の餌となり、これを増殖させます。また、吸収されない分、カロリーも当然低くなるのです。
  
Q: ビフィズス菌の棲んでいる数は、人によって違うの?
A: 赤ちゃんの時は、92%もビフィズス菌が占めていますが、離乳食から食事が変わりドンドン少なくなってしまいます。さらに、合成の添加物が入ったものや高脂肪・高タンパク食品などの西洋食、有害水道水などの環境の変化、抗生物質などの薬害も加わり、現代人の腸は、まさに悲鳴をあげているのです。
Q: オリゴ糖が食中毒や癌の予防になると聞いたのですが・・・
A: 最近の研究ではビフィズス菌などの善玉菌が免疫力(自然治癒力)の向上を促したり、悪玉菌の出す腐敗物質(発ガン物質など)を抑制する働きがあることがわかってきました。
オリゴ糖自体は、薬ではありませんがビフィズス菌の増殖因子として餌になり、もともとからだの中にいるビフィズス菌を増やす働きがあるのです。
Q: オリゴ糖は、便秘にいいと聞いたのですが・・・?
A: 便秘薬では、ありませんが、フラクトオリゴ糖は、水溶性難消化繊維なので、腸内毒素を吸着し排出する働きがあるようです。また、ビフィズス菌を増殖する事によって腸が活発になり短期間で改善につながった例が多く報告されています。
Q: 毎日、ヨーグルトは食べているのですが・・・?
A: 最近、「生きたビフィズス菌入りヨーグルト」等、よく目にしますね。みそ、納豆などと同様に発酵食品として摂取するのは良い事です。しかし、ビフィズス菌に関しては、菌自体が、酸やアルカリに弱いため遺産や胆汁酸の働きで生菌が死滅したり、免疫機能により排除されたりしやすいのは確かです。できれば、オリゴ糖を一緒に摂取されれば効果は、上がるでしょう。
Q: 糖を制限されているのですが・・・?
A: オリゴ糖自体は、血糖値やインシュリンに全く変化を与えません。従って、糖を制限されている方でも健康維持にお使いいただけます。
Q: お腹がゆるくなったり、張ってきたのですが・・・?
A: 心配いりません。ただ、人間の腸の状況は、人それぞれ違うように、ビフィズス菌の増え方や症状にも違いがあります。しかし、オリゴ糖によって、腸が動いている証拠でもあります。量を減らしてもらって様子を見ながら続けていただけたらと思いますが。
また、いくら身体にいいからとたくさん摂ればよいというものでもありませんし、日常の食生活にうまく取り入れることが一番大切ではないでしょうか。

お料理アラカルト

ブルーベリージャム

(材料) ブルーベリー
(生もしくは、生の冷凍品)100g
フラクトオリゴ糖 40g

材料を鍋に入れ、約20分程度弱火で煮込むだけです。
仕上げに、レモン汁を少々絞りますと味が引き締まります。

出来上がりましたら、熱いうちに瓶につめ、ふたを閉め冷ませば長時間常温保存も可能です。
かりんのオリゴ糖シロップ

(材料) かりん    500g
フラクトオリゴ糖 1400g

果林をきれいに洗って水分を拭き取り、5mmくらいに切って種ごと容器に入れ、オリゴ糖も加えます。
つけてから10日間くらいは、1日1回よくかき混ぜてください。3週間くらいで出来上がりです。中の実を取り除きおは止めにお召し上がりください。

同様に、プル-ンや金柑、ぶどう、青梅など季節のハーモニーをお楽しみいただけます。

HOME 食品 健康食品 健康グッズ 生活用品 浄水器など ご注文方法